--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/11/25(金)
『坊さん』
23日の祝日は、昨年亡くなった愛犬の供養に行ってきました。

愛犬Rちゃん(仮称)と姉妹のように育った子で、


私が怪我をした時には、気遣って優しく寄り添ってくれる子でした。


ほんとに頭が良くて、優しい子でした。



あまり湿っぽいことを書くのもなんなので、話を少し切り替えましょう。


亡くなった愛犬はペット葬儀社に頼んで供養してもらいました。

で、23日に合同供養祭があり、それに行って来たんですね。

そこでは坊さんによる読経なんかがあったわけですが、

その坊さん、前説というか、いわゆる説法で

ちょっと「まずいんじゃなかろうか」と思うことを言ってくれました。


これは人でもペットでも言えることなんですが、

と前置きした後、


「4年も前に亡くなったワンちゃんのご供養にいらした方もいるようですが、

いつまでも思いを引きずってたんじゃ相手も浮かばれません!」

と言い放っちゃいましたよ。(-`ω´-;)

つまり供養祭に何度も何度も来るなと。


いやいや、あんたの言ってることは正しいけども。

いつまでも引きずっちゃいけない、前向きに生きるって大事だけども。

でも、ココで言っちゃまずいと思うな;

だって、あんたペット葬儀社に頼まれて来てるんだから。(;´ω`)

ペットの葬儀と火葬・埋葬をわりと安値で請け負ってて、

供養祭で多少の利益を挙げようと努力してると思われる会社に雇われて来たんじゃないのかい?

営業妨害はやめておいた方がいいと思うのですが。(´∀`;)


たぶん、あの坊さんは二度と呼ばれないと思うって話なわけです。
2005/11/23(水)
『「時間」の感覚』
時間の感覚というものは、人それぞれだと思います。

1時間を長いと感じるか、短いと感じるか。

その時に置かれている状況でも違ってきますよね。



一般的に言われているのは、

子供は長く感じ、

大人は短く感じるということ。


子供と大人に時計を見ずに10秒数えてくださいと言うと、

たいてい子供は10秒以上かかり、

大人は10秒以内になるそうです。


確かに私も大人になってから時間が過ぎるのが早いように感じています。



さて、ここで本題に入りましょう。

皆さんは「ついこの間」「最近」「だいぶ前」って、どれくらいの感覚で使っていますか?

私は、

「ついこの間」は1週間~1ヶ月前

「最近」は1ヶ月~半年前

「だいぶ前」は5年以上前

という感覚で使っているのですが、

ここで大問題が生じております。

「ここで」って何か大げさですが、

つまりは母親との感覚の違いに振りまわされています。

うちの母の「時間の感覚」が私とずれまくっているのです。


今日の話なんですが、

私:「石山寺に行ってみたいなぁ。(明日、近くまで出かける予定があるので)

   紅葉もきっと綺麗なんじゃないかな。」

母:「何言ってるの。行ったことあるじゃない。」

というわけなんです。私にはそんな記憶はない。

いつ?と聞くと「そんな昔じゃない。覚えてるはずよ。」という。

でもやっぱり記憶にない。埒があかないので父に聞くと、

「ぽめ助が幼稚園かその前」




(;´ω`)まじ?




20年ちょい前じゃないですか。

それを「そんな昔じゃない。覚えてるはず。」というか。


そして判明したこと。

母にとって「ついこの間」は5年前までのこと

「最近」は10年前までのこと

「ちょっと昔」は私が生まれる前のことも含む


どうなのさ、それは。( ;´ω`)

チミにとって、時間はどんだけ早く流れるんですかって話ですよ。

これからは母とお話する時は気をつけねばなりませぬ。フゥ



そして、唐突に結論。

皆さんも親との感覚のずれを楽しんでみてね(・∀・)ノ

ってこと。
2005/11/21(月)
『4ヶ月ぶり。』
4ヶ月ぶりの再開なのです。

5日分くらいの記事をアップした後、完全放置してました。( ̄ω ̄;)

ブログの「手軽さ」から始める人も多いですが、
うち43%は三日坊主で続かないそうです。

うんうん。
まさに私。

いやいや、わかってましたよ、自分のそういう性格。
わかってましたけど、でもさ、やってみたかったんだ。


ちょっと憧れてたんだ、ブロガーってやつにさ。


で、性懲りもなく、また再開致します。
今回は三日坊主にならぬようがんばろうと思います。

がんばれ、自分。
2005/07/29(金)
『肩に貼る磁気のあれ。』
肩などの貼る磁気のあれ。
ピッ○とか、その廉価版とか、色々ありますね。

我が家では、たいてい薬棚の中に常備されております。
母と私が肩こり持ちなのです。
特に我が母は年がら年中「肩が~・・・重い~・・・」と訴えてきます。私に。
これは、揉め!という暗黙の了解というか、命令なわけです。
しかし、私も肩こり持ちなわけでして、1時間も揉み続けると、私の肩がやられてしまいます。
そこで、磁気のあれの出番なわけです。
つぼの位置を確認しつつ、ぺちぺちと貼っていきます。
即効性はないですが、半日ほど経つとじわじわ効いてるような気がしてきます。
あくまで、気がするだけなのですが。

で、ここで大問題が。
一体いつまでこれを貼り続けるかという問題。

説明書では2~3日と書いてあるようですが、なんだか勿体ないのです。
だって、2~3日で剥がして確認してみると、まだまだ磁気が出てるみたいなんですもの。
あぁ~、勿体無い・・・。
と思ってしまうわけです。
じゃ、もう少し貼っておくかというわけで、4~5日貼ると、
もう「皮膚がーーーーーーーーー!かいーーーーーーーーーーーー!」
となるわけです。
もう痒くて痒くて仕方ない。
ここにきて、ようやく剥がすんですが、もうその頃には肌荒れ。
真っ赤になり、周りにはなにやらブツブツまで。(泣
掻きすぎて血まで出る始末。
そうなってしまうと、今度は肩こりどころではありません。
痒さに身悶えしつつ、オロナイン塗り塗り。
我が家では、磁気のあれとオロナインはセットとなってしまっています。

そろそろ、この貧乏性を直したいと思います。(ノД`)<たぶん直らない
2005/07/24(日)
『営業マンさんへの懺悔』
最近の出来事をひとつ。
NTTの営業マンさんが我が家にやってきました。
「フレッツADSLからフレッツ光へ」の営業に。
営業:「こちらはパソコンの回線はNTTをお使いでしょうか?」
my母:「えぇ、そうですよー。」
営業:「あぁ、やっとNTT回線をお使いの方で出会えました。
    なっかなかNTTをお使いの方に出会えなくて。(;´ω`)
    今、フレッツ光のご説明に回らせていただいてまして。」
my母:「あら~・・・。この暑い中、大変ね~。」
営業:「光のご説明をさせていただいてもよろしいでしょうか?」
my母:「ごめんなさいね~。私はパソコンのことはわからないの。
    娘ならわかるんだけどね~。」
営業:「あ、じゃぁ、お嬢さんにご説明させていただいてもいいでしょうか?」
my母:「今、出かけてて、いないのよ~。」
営業:「いつ頃お戻りになられますか?」
my母:「今日は遅いと思うのよ~。」
営業:「では、いつご都合がよろしいでしょうか?
    その時にまたお伺いさせていただきたいのですが。」
my母:「そうねぇ。たぶん休日にはいると思うんだけど。」
営業:「わかりました。また休日に伺わせていただきます!
    失礼致します!(_ _) 」
my母:「はいはーい。」

気温が35度にもなろうかという暑い昼下がり、
ちゃんとスーツに身を包んだ礼儀正しい若い営業マン。
なかなかNTT利用者(ADSL)が見つからない中、
汗をかきかき、一生懸命家々を回っていたのでしょう。
やっと見つけたNTT利用者。
母親の話を聞いている分には、なかなかの好感触。
ここはひとつ、がんばらねば!と思ったに違いありません。

そして日曜日がやってきます。
応対に出た母に言われたのは、またしても不在ということ。
仕方ない、明日また出直そう。きっと明日こそは契約を取ろう!
そう思ったことでしょう。
そして、休日だった翌日月曜日。
営業:「ピンポーン。」
    ・・・・
    「ピンポーン。」

me :「あゎゎゎゎゎ。また来ちゃったよ。どうするんだよ。
     可哀想だよ。」
my母:「仕方ない・・・。居留守でいこう。ね。」

ごめんなさい。営業マンさん。
うちのADSLはNTTじゃないんだ。。。
my母が嘘八百、適当なこと言ったもんだから、
クソ暑い中、休日にわざわざ無駄足を運ばせちゃったね。
my母ももう50代後半で、イーアクセスもアッカもNTTも全部一緒に聞こえるんだ。
脳の中で「全部一緒!」と勝手に誤作動したあげく、
一番聞き馴染みのある「NTT」に統合しちゃうんだ。
ごめんよ。
今回のことに気を落とさずに、がんばって営業してくださいね。
契約はできませんが、私も心の中であなたを応援していますよ!(≧∇≦)ノ
je-pu-pu 無料カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。