--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/12/04(日)
『銀色に輝く君1』
子供の頃から、憧れていた缶詰がありました。

ただお金を出しただけでは買えない缶詰。

察しのいい方なら、もうお気付きでしょう。



それは『おもちゃの缶詰』



これの存在を知ったのは、

7、8才の頃だったと思います。

当然欲しいと思いました。

しかし、当時

「チョコ=虫歯」の方程式が全盛期。

金1枚か銀5枚が出るまで、

親に買い続けてもらうなんて出来ませんでした。



「あのね、チョコボー・・・」

「チョコは虫歯になるからダメ。別のにしなさい。」


一緒にスーパーに行く意味ナッシング。


その頃まだ素直なお子ちゃまだった私は、

親にダメと言われた物を内緒でコッソリ買うなんてことはできませんでしたから、

おのずと「おもちゃの缶詰」は諦めざるえなかったのです。




それから十数年、缶詰のことを心の奥にしまいこんで、

表面上は何事もなく平穏な日々を送っていました。

そう、あれが出るまでは。



二十歳の時でした。

ただなんとなく買ったチョコボールイチゴ味に、

奴がいたのです。


銀色に輝く奴がっ!



angel1



(手書きなので見苦しい点はご了承いただきたい)



びっくりした。

ほんと驚いた。



こんな、くそ生意気な顔してたのかと。

明らかに人を上から見てる。

フフンって鼻で笑ってる。

なんか腹立つな、コイツ。


angel2



超幼児体型のわりには、えらくマセた顔。

「よぉ!鈴木、久しぶり!」

みたいな右手は何なんだ。

おっさんか、お前は。

そんな小さい羽根でよくその体重を支えられるな。

あぁ、そうか。

エンゼルには重力なんて関係ないのか。

ってか、エンゼルって何だよ!

エンジェルじゃないのかよ!
(さまぁ~ず三村降臨)



そう毒づいたりしつつも、

子供の頃からの夢だった缶詰をゲットできるかもしれないチャンスが、ようやく巡ってきたのです。




長くなってしまったので、

また今度(* ̄ー ̄)ノ

2005/12/02(金)
『衝撃的な鼻水』
去年の今頃の話です。

その日、私は風邪をひいていました。

鼻は寸分の隙間もないほどに詰まっており、

生命線は口呼吸。

しかし、喉も唾液を飲み込むことすら苦痛なくらいに腫れていました。



(;-ω-)これはやばい・・・

今、口を塞がれたら、お終いだわっ・・・!

なんとかせねば!

(そんなシチュエーションは普通ない)



とは言っても、鼻をかむ以外には何もないんですが。



こうも完全に詰まっている物を出せるだろうか。

しかし、やらねばならぬっ。



まずは戦闘準備。

ティッシュを2枚重ねにし、さらにそれを二つ折りに。

そして、それをゆっくりと鼻に持っていきます。



そして、戦闘開始!

深呼吸をし、肺に多くの空気をため、

一気に鼻めがけて噴出!

脳の血管がぶち切れる程の強さで!

ぶちっぶちっぶちっ<血管切れた



も、もうダメ、これ以上は・・・



軽い眩暈を起こし、一旦戦闘中断を決断しようとしたその時っ、

なにやらティッシュをつかむ手に衝撃がっ。




∑( ̄□ ̄;;;;;

な、なんだ、この衝撃は!




今まで経験したことのない感覚。

恐る恐るティッシュを見てみるとそこには、




びっくりするほどの大きさ、そして粘性!

まさに衝撃的な鼻水っ!

は、鼻水!?

ねばーねb(以下略




衝撃でした。

詳しい描写をしたいところではありますが、

さすがにそれはできない。

私の理性がギリギリそれを止めるから。



・・・ちゃんと皆さんに伝わっているだろうか。

それが一番の心配。



その鼻水を出しきった私の鼻は、

驚くほどスースー。

スースーを通り越して、スッカスカ。




おや、何か違和感が。

ん?なんだか痛いな;

冷たい空気が鼻の内側に突き刺さる感じ・・・?

スーハースーハー(目一杯鼻呼吸)




いだだだだだだっ!

く、空気が、空気が突き刺さるよ!

あがががが、痛い、痛いって!




そうです。

思いっきりかみすぎて、粘膜を傷つけたんです。

私の粘膜までをも傷つけるほどの威力を持つ鼻水。




まさに衝撃的な鼻水っ・・・!

皆さんも鼻水には気をつけてくださいね。(゚ω゚)b





注意:お食事中に読むことはお勧めできません。

(書く場所、間違ってる)
2005/11/30(水)
『アスキーアート』
アスキーアート(通称AA)ご存知ですか?

2ちゃんねる等でよく見かけられる物です。

ついこの間、のまねこ問題で騒がれていましたよね。

私、2ちゃんねるは全く見ないのですが、AAにはちょっと興味あります。

AAばかりを集めたサイトにはよく見にいきます。(´ー`*)

そこにあるのは、もう芸術と称してもいいくらいのクオリティ。

記号やら半角カタカナやらを使って、可愛い物からリアルな物まで、

( Д) ゚ ゚ 目ん玉飛び出ちゃうようなクオリティ。

そして、その根底に流れるクールジョーク。

すっばらしい!

そんなAAの中で、特に私の心を掴んで離さないのが、「渋澤さん」。

これ↓
  _、_
( ,_ノ`)
  _、_
( ,_ノ`)
  \,; シュボッ
   (),
   |E|
  _、_
( ,_ノ`)y━・~~~

何、この渋さは。

40代前半ってとこかしら。

バツいちで子なし。

適度に鍛え上げられた肉体で、スーツ姿がよく似合う。

デートをする女には事欠かないが、本気の女はまだいない。

(注意:全てぽめ助の妄想)



いや~ん、カッコイイ!



こんな人になら、ちょっとくらいなら遊ばれてもいいかも~。

(*/∇\*)キャ

いやいや、女をもてあそぶような不誠実な人ではないわ!

渋澤さん、どこにいるのー!私はここよー!<妄想度MAX



渋澤さんと妄想の中でデートしながら、今日はフェードアウト。

さようなら。( ・∇・)ノ
2005/11/29(火)
『年賀状の粋な言葉』
さて、今日のお題は年賀状。

12月に入って、年賀状ネタが増える前に。

今のうちだ!d(≧∇≦*)



では本題。


皆さんは年賀状、出しますか?

私はもうここ何年も出していません。

PCと携帯から「あけおめー」とメールして終りです。

便利になったものですねぇ。

まぁ、情緒も何もあったものではありませんが、

こうも楽だとね。( ノ´∀`)エヘヘ


しかし、うちの母は違います。

一枚一枚、丁寧に、毛筆で美しく、粋な言葉をババンと!

これが母スタイル。(昔、書道の師範やってました。)

しかし、これがまた難問。

粋な言葉が全く思い浮かびません。

今年の年賀状は「飛翔」とババン!と書いて出してました。

もう「飛翔」は使えません。

さて、どうしたものか。

本屋さんで四字熟語とか書道の本などをめくってみても、

いい言葉には出会えません。


最近では、

「戌」って書いて出そうかしら・・・

なんて言う始末。

なんとか粋な言葉を見つけてあげたいのですが、

いかんせん、私の脳みそでは限界が。(;´ω`)


どなたか年賀状に使えそうな縁起のいい粋な言葉(熟語)をご存知ないですか?

かなり切実な問題なのです。母にとっては。






まぁ、正直なところ、

真っ白なハガキに美しく毛筆で「いぬ」って書くのが、

一番オイシイと思うのですがねぇ。
2005/11/27(日)
『食わず嫌い』
食わず嫌い、ありますか?

私はあります!
(いばることじゃない;



それは、納豆!



納豆、嫌いなのです。

食べたことありませんが。(ノ´∀`)ノ アハハ


うちの父も母も嫌いなんです。

もちろん、食べたことありませんが。


父方の祖父母も母方の祖父母も食べたことないんです。

祖父母に関しては、親から聞いたことですが。
(どちらも亡くなっています)



もうね、これは納豆食わない血脈。

きっとそうに違いない。

たぶん、これからも我が家の食卓に上ることはないでしょう;




そして次は、レバーレーズン

これは、小学校の頃の給食がトラウマになっています。(ノД`)

食べられない子は最後までず~~~~~っと居残りで、

無理やり食べさせられました。

もうほんと虐待。

あやうく登校拒否になるところでしたよ。(本当の話)

うちの両親が担任を家に呼び出し、どういうつもりか問いただしたら、

びっくりするぐらい簡単に平謝りして、

「食べられる量を少しずつ食べていきましょうね~」

と、あっという間に方向転換しやがりましたよ。( `△´)ケッ



あぁ、ちょっと興奮してしまいました。スミマセン。



まぁ、そんなこんなでレバーとレーズンは未だにダメ。

少しでも口に入ると、吐き出します。それくらいダメ。


まぁ、誰にでも食わず嫌いはあると思うんですが、

皆さんは、がんばって克服してくださいね!(* ̄∇ ̄*)

好き嫌いはダメだぞ♪(*≧∇≦)ノ



私は無理だけど。テヘ。(可愛らしさアピール
je-pu-pu 無料カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。