--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/11/25(金)
『坊さん』
23日の祝日は、昨年亡くなった愛犬の供養に行ってきました。

愛犬Rちゃん(仮称)と姉妹のように育った子で、


私が怪我をした時には、気遣って優しく寄り添ってくれる子でした。


ほんとに頭が良くて、優しい子でした。



あまり湿っぽいことを書くのもなんなので、話を少し切り替えましょう。


亡くなった愛犬はペット葬儀社に頼んで供養してもらいました。

で、23日に合同供養祭があり、それに行って来たんですね。

そこでは坊さんによる読経なんかがあったわけですが、

その坊さん、前説というか、いわゆる説法で

ちょっと「まずいんじゃなかろうか」と思うことを言ってくれました。


これは人でもペットでも言えることなんですが、

と前置きした後、


「4年も前に亡くなったワンちゃんのご供養にいらした方もいるようですが、

いつまでも思いを引きずってたんじゃ相手も浮かばれません!」

と言い放っちゃいましたよ。(-`ω´-;)

つまり供養祭に何度も何度も来るなと。


いやいや、あんたの言ってることは正しいけども。

いつまでも引きずっちゃいけない、前向きに生きるって大事だけども。

でも、ココで言っちゃまずいと思うな;

だって、あんたペット葬儀社に頼まれて来てるんだから。(;´ω`)

ペットの葬儀と火葬・埋葬をわりと安値で請け負ってて、

供養祭で多少の利益を挙げようと努力してると思われる会社に雇われて来たんじゃないのかい?

営業妨害はやめておいた方がいいと思うのですが。(´∀`;)


たぶん、あの坊さんは二度と呼ばれないと思うって話なわけです。
スポンサーサイト
je-pu-pu 無料カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。