--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2005/11/30(水)
『アスキーアート』
アスキーアート(通称AA)ご存知ですか?

2ちゃんねる等でよく見かけられる物です。

ついこの間、のまねこ問題で騒がれていましたよね。

私、2ちゃんねるは全く見ないのですが、AAにはちょっと興味あります。

AAばかりを集めたサイトにはよく見にいきます。(´ー`*)

そこにあるのは、もう芸術と称してもいいくらいのクオリティ。

記号やら半角カタカナやらを使って、可愛い物からリアルな物まで、

( Д) ゚ ゚ 目ん玉飛び出ちゃうようなクオリティ。

そして、その根底に流れるクールジョーク。

すっばらしい!

そんなAAの中で、特に私の心を掴んで離さないのが、「渋澤さん」。

これ↓
  _、_
( ,_ノ`)
  _、_
( ,_ノ`)
  \,; シュボッ
   (),
   |E|
  _、_
( ,_ノ`)y━・~~~

何、この渋さは。

40代前半ってとこかしら。

バツいちで子なし。

適度に鍛え上げられた肉体で、スーツ姿がよく似合う。

デートをする女には事欠かないが、本気の女はまだいない。

(注意:全てぽめ助の妄想)



いや~ん、カッコイイ!



こんな人になら、ちょっとくらいなら遊ばれてもいいかも~。

(*/∇\*)キャ

いやいや、女をもてあそぶような不誠実な人ではないわ!

渋澤さん、どこにいるのー!私はここよー!<妄想度MAX



渋澤さんと妄想の中でデートしながら、今日はフェードアウト。

さようなら。( ・∇・)ノ
スポンサーサイト
2005/11/29(火)
『年賀状の粋な言葉』
さて、今日のお題は年賀状。

12月に入って、年賀状ネタが増える前に。

今のうちだ!d(≧∇≦*)



では本題。


皆さんは年賀状、出しますか?

私はもうここ何年も出していません。

PCと携帯から「あけおめー」とメールして終りです。

便利になったものですねぇ。

まぁ、情緒も何もあったものではありませんが、

こうも楽だとね。( ノ´∀`)エヘヘ


しかし、うちの母は違います。

一枚一枚、丁寧に、毛筆で美しく、粋な言葉をババンと!

これが母スタイル。(昔、書道の師範やってました。)

しかし、これがまた難問。

粋な言葉が全く思い浮かびません。

今年の年賀状は「飛翔」とババン!と書いて出してました。

もう「飛翔」は使えません。

さて、どうしたものか。

本屋さんで四字熟語とか書道の本などをめくってみても、

いい言葉には出会えません。


最近では、

「戌」って書いて出そうかしら・・・

なんて言う始末。

なんとか粋な言葉を見つけてあげたいのですが、

いかんせん、私の脳みそでは限界が。(;´ω`)


どなたか年賀状に使えそうな縁起のいい粋な言葉(熟語)をご存知ないですか?

かなり切実な問題なのです。母にとっては。






まぁ、正直なところ、

真っ白なハガキに美しく毛筆で「いぬ」って書くのが、

一番オイシイと思うのですがねぇ。
2005/11/27(日)
『食わず嫌い』
食わず嫌い、ありますか?

私はあります!
(いばることじゃない;



それは、納豆!



納豆、嫌いなのです。

食べたことありませんが。(ノ´∀`)ノ アハハ


うちの父も母も嫌いなんです。

もちろん、食べたことありませんが。


父方の祖父母も母方の祖父母も食べたことないんです。

祖父母に関しては、親から聞いたことですが。
(どちらも亡くなっています)



もうね、これは納豆食わない血脈。

きっとそうに違いない。

たぶん、これからも我が家の食卓に上ることはないでしょう;




そして次は、レバーレーズン

これは、小学校の頃の給食がトラウマになっています。(ノД`)

食べられない子は最後までず~~~~~っと居残りで、

無理やり食べさせられました。

もうほんと虐待。

あやうく登校拒否になるところでしたよ。(本当の話)

うちの両親が担任を家に呼び出し、どういうつもりか問いただしたら、

びっくりするぐらい簡単に平謝りして、

「食べられる量を少しずつ食べていきましょうね~」

と、あっという間に方向転換しやがりましたよ。( `△´)ケッ



あぁ、ちょっと興奮してしまいました。スミマセン。



まぁ、そんなこんなでレバーとレーズンは未だにダメ。

少しでも口に入ると、吐き出します。それくらいダメ。


まぁ、誰にでも食わず嫌いはあると思うんですが、

皆さんは、がんばって克服してくださいね!(* ̄∇ ̄*)

好き嫌いはダメだぞ♪(*≧∇≦)ノ



私は無理だけど。テヘ。(可愛らしさアピール
2005/11/25(金)
『坊さん』
23日の祝日は、昨年亡くなった愛犬の供養に行ってきました。

愛犬Rちゃん(仮称)と姉妹のように育った子で、


私が怪我をした時には、気遣って優しく寄り添ってくれる子でした。


ほんとに頭が良くて、優しい子でした。



あまり湿っぽいことを書くのもなんなので、話を少し切り替えましょう。


亡くなった愛犬はペット葬儀社に頼んで供養してもらいました。

で、23日に合同供養祭があり、それに行って来たんですね。

そこでは坊さんによる読経なんかがあったわけですが、

その坊さん、前説というか、いわゆる説法で

ちょっと「まずいんじゃなかろうか」と思うことを言ってくれました。


これは人でもペットでも言えることなんですが、

と前置きした後、


「4年も前に亡くなったワンちゃんのご供養にいらした方もいるようですが、

いつまでも思いを引きずってたんじゃ相手も浮かばれません!」

と言い放っちゃいましたよ。(-`ω´-;)

つまり供養祭に何度も何度も来るなと。


いやいや、あんたの言ってることは正しいけども。

いつまでも引きずっちゃいけない、前向きに生きるって大事だけども。

でも、ココで言っちゃまずいと思うな;

だって、あんたペット葬儀社に頼まれて来てるんだから。(;´ω`)

ペットの葬儀と火葬・埋葬をわりと安値で請け負ってて、

供養祭で多少の利益を挙げようと努力してると思われる会社に雇われて来たんじゃないのかい?

営業妨害はやめておいた方がいいと思うのですが。(´∀`;)


たぶん、あの坊さんは二度と呼ばれないと思うって話なわけです。
2005/11/23(水)
『「時間」の感覚』
時間の感覚というものは、人それぞれだと思います。

1時間を長いと感じるか、短いと感じるか。

その時に置かれている状況でも違ってきますよね。



一般的に言われているのは、

子供は長く感じ、

大人は短く感じるということ。


子供と大人に時計を見ずに10秒数えてくださいと言うと、

たいてい子供は10秒以上かかり、

大人は10秒以内になるそうです。


確かに私も大人になってから時間が過ぎるのが早いように感じています。



さて、ここで本題に入りましょう。

皆さんは「ついこの間」「最近」「だいぶ前」って、どれくらいの感覚で使っていますか?

私は、

「ついこの間」は1週間~1ヶ月前

「最近」は1ヶ月~半年前

「だいぶ前」は5年以上前

という感覚で使っているのですが、

ここで大問題が生じております。

「ここで」って何か大げさですが、

つまりは母親との感覚の違いに振りまわされています。

うちの母の「時間の感覚」が私とずれまくっているのです。


今日の話なんですが、

私:「石山寺に行ってみたいなぁ。(明日、近くまで出かける予定があるので)

   紅葉もきっと綺麗なんじゃないかな。」

母:「何言ってるの。行ったことあるじゃない。」

というわけなんです。私にはそんな記憶はない。

いつ?と聞くと「そんな昔じゃない。覚えてるはずよ。」という。

でもやっぱり記憶にない。埒があかないので父に聞くと、

「ぽめ助が幼稚園かその前」




(;´ω`)まじ?




20年ちょい前じゃないですか。

それを「そんな昔じゃない。覚えてるはず。」というか。


そして判明したこと。

母にとって「ついこの間」は5年前までのこと

「最近」は10年前までのこと

「ちょっと昔」は私が生まれる前のことも含む


どうなのさ、それは。( ;´ω`)

チミにとって、時間はどんだけ早く流れるんですかって話ですよ。

これからは母とお話する時は気をつけねばなりませぬ。フゥ



そして、唐突に結論。

皆さんも親との感覚のずれを楽しんでみてね(・∀・)ノ

ってこと。
2005/11/21(月)
『4ヶ月ぶり。』
4ヶ月ぶりの再開なのです。

5日分くらいの記事をアップした後、完全放置してました。( ̄ω ̄;)

ブログの「手軽さ」から始める人も多いですが、
うち43%は三日坊主で続かないそうです。

うんうん。
まさに私。

いやいや、わかってましたよ、自分のそういう性格。
わかってましたけど、でもさ、やってみたかったんだ。


ちょっと憧れてたんだ、ブロガーってやつにさ。


で、性懲りもなく、また再開致します。
今回は三日坊主にならぬようがんばろうと思います。

がんばれ、自分。
je-pu-pu 無料カウンタ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。